東京三鷹の額縁と額装の専門店

ガラスかアクリルか

  • HOME »
  • ガラスかアクリルか

ガラスかアクリルか

ガラスかアクリルか

額縁にはほとんどの場合、作品を保護するカバーが付いています。

この素材も以前はガラスが一般的でしたが最近はアクリルや塩ビといった素材が多く用いられるようになりました。
塩ビは0.5ミリほどの薄いものがほとんどでポスター用のフレームパネルなど一部に用いられますがそれ以外ではガラスかアクリルを使用することがほとんどです。

では、ガラスとアクリル、どちらを選べば良いのでしょう。
一般的に両者では以下のようなメリット、デメリットがあります。

(○がメリット、×がデメリット)

ガラス
○キズが付きにくい
○割れない限り長持ちする
○アクリルに比べやや安価
×アクリルに比べ重い
×割れた場合エッジが鋭利で危険
×取り扱いに注意が必要(硬いものにエッジを当てたりすると欠けやすい)

アクリル
○軽い
○割れにくい
×キズが付きやすい
×静電気を帯びやすい(ホコリが付着しやすい)
×熱で変形する場合がある(強力なスポットライトをあてる等)

上記のような特性を考慮して選ばれると良いでしょう。

ただし、現在は多くのメーカーが額縁のサイズに拘わらずアクリルを標準とすることが一般的です。
ガラスに変更すると別途金額が加算されたり、ガラス付を用意していない場合もあります。
一般の使用でしたらアクリルの方が安心ではないでしょうか。

 

お問い合わせはこちら TEL 0422-43-0833 10:00~19:00 水曜定休日

PAGETOP
Copyright © アートフレーミングアイガ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.